HOME>イチオシ情報>初心者向けのアドバイスとその仕組みはどうか

独立支援が主なサービス

社員

世の中には、たくさんの整骨院なります。整骨院を開くためには柔道整復師になる必要があるものの年々その人数は増えてきています。柔道整復師自体は非常に重要な役割を果たすものの、個人で行っている人が多いため定年退職がありません。定年退職がなければ、その分だけ仕事を辞める人が少なく大衆的に合格者が増える形になり飽和状態になってしまうこともあります。この場合、の整骨院も赤字になってしまうとそもそも柔道整復師自体の魅力もなくなってしまうでしょう。そこで、様々な形に対応するべく各整骨院が経営するときに工夫をしていくことが必要になります。独立や経営の工夫といっても、柔道整復師の資格を取得しているだけではなかなか気がつかないものがあるでしょう。この場合には、接骨師会に入会して基礎を学ぶことが重要です。特に独立や経緯に関する最新の情報などは接骨師会のほうで所有していますので、そこに参加するメリットは非常に大きいといえます。

最大限に生かすために

男性

接骨師会に加入をする場合でも、お金はかかりますのでしっかりと学んでおく姿勢が必要になります。何を学ぶかは人それぞれですが、もともと接骨師会自体は独立支援のためにつくられたようなものです。そのため、独立して黒字化したい人が基礎から経営のやり方を学んでいくのには最適でしょう。経営の仕方を学ぶにあたり、技術的な問題もありますが、それ以上に経営ノウハウを十分に学んでおく必要があります。実際に、整骨院で問題になるのは技術的な問題よりも経営ノウハウにあります。経営ノウハウは、資格を取得するときに迫なりませんので技術の良しあしだけで独立をしてしまうと実際に経営をしてみてこんなはずではなかったと思うようになるかもしれません。そこで、必要な知識を接骨師会のセミナーなどに出て学ぶことになるでしょう。

広告募集中